04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

wasahituji

Author:wasahituji


*ひつじ*
アメリカンコッカースパニエル
2007年1月14日生まれ バフ ♀

*こんぶ*
アメリカンコッカースパニエル
2009年4月11日生まれ ブラック ♀

すず子とお別れしてから1年半。
念願の犬生活に突入したワケですよ…。。。

*初めてお越しの方は こちら
ですず子を見てやって下され…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・救急って

2009.05.06 23:23|未分類
様子を見ることになった新メンバー。
2時間ほど、お昼寝。

起きたら、ハイハイするかな?
とか、色々と考え色々とネットで調べた。

新メンバー起床。

やっぱり、ハイハイしないし右手はぶらりと
下げたまま。
しかも、触ると涙をながし痛がる。
肘を曲げると激痛らしい。。。
こりゃ、肘内障だな、、、と勝手に診断。

K病院に電話した時は
「肘が曲がる」⇒「様子をみる」だった。
今の状況って、やっぱり要診察だよな。。。

って、事で再びK病院へ電話。
が、しかぁ~し!
当直の先生、お時間となり帰宅。
仕方がないので再び消防へ電話をし
整形外科医当直の病院を探す。
2つ、あった。

まず、同市のA病院へ電話。
診てくれるとの返事だったので
すぐに病院へ行った。

病院へ行くとすぐに診察をしてくれた。
先生は、無愛想な中年の方。
私の説明も半ば、
「はい、もういいですよ」と言い
すぐさま治療へ。
はやり、肘内障だった。
新メンバーの腕を持ち整復する。
そして、「はい。いいです。」と終了。
その後、念のためレントゲンを撮り
骨の異常が無い事を確認し清算。

無愛想だが、腕はイイ先生でした(^^ゞ
余計な事、しない先生でした。

治療後の、新メンバーは。。。
右手をガンガン動かし
ハイハイしまくって、超ご機嫌です。

人間の体って凄いわぁ。



スポンサーサイト

救急って?

2009.05.06 15:09|未分類
数十分前の出来事。

新メンバー、ハイハイ途中でゴロンと転倒。

いつもの事だから、な~んとも思ってなかった。
でも、様子がおかしい。

①ハイハイできない
②左手しか使わない

転倒したときに右肩を脱臼したか?
腕を触って痛がる事はないし、腫れてないから
骨折じゃないな。
でも、とりあえず病院だな。。。。

って事で、まずウチから歩いて数分のN病院へ電話。
「整形外科医不在」で断られる。
コノ病院は、ほんとに使えない。母の死んだ病院ってのもあるが
大嫌い、コノ病院。救急病院なのに断ってばっかりだし。
なんといっても、先生が横柄&受付態度悪すぎ。


次、消防へ電話して「整形外科医」当直の病院を探す。
2件あった。
消防のお兄さん、とってもいい人だった。

まず、ウチの隣の駅のO病院へ電話。
症状を伝え言われた事…。
「骨折の可能性がありますので
手術可能の病院をお探しになった方がいいですよ」

と断られる。
えー、骨折?骨折してたら新メンバーも大騒ぎだって(-_-;)
症状聞いて、骨折をまず疑うのもどうだろう。。。
私の受けた声の印象は新メンバーの年齢で断ったと思えた。

コノ病院も嫌いになった。


んで、次。お隣の市のK病院へ電話。
一通り、症状を伝えると「肘は曲がりますか?」と言われた。
新メンバーの肘は曲がるのでその事を伝えると
看護士さんと先生、相談後。。。。
「恐らく、骨折はないと思います。症状から少し様子を見ても大丈夫ですよ」
と、言ってくれた。恐らく「肘内障」もないとみてくれたんだろう。
電話でのやりとりだから100%大丈夫って保障はないけど
その看護士さんの一言で本当に安心できた。
コノ病院は、十数年前私が事故を起こし救急車で
運ばれた病院。とっても優しく対応してくれる病院。
好き。


とりあえず、今日は様子をみてみる。
んで、明日病院へ行くか決める。

新メンバーの救急での病院探しは2度目。
もちろん、息子が小さな頃も数回あった。
小児救急の問題は常に取り上げられているが
まったくもって改善されない。
いずれもウチの場合は命にかかわる事では
なかったが、もし…と考えるとゾッとする。

ってか、ウチの母の場合命にかかわる事だったが
救急車が来ても、受け入れ病院が見つからず
30分くらいその場に待たされた。
もし、1番最初の病院が受け入れてくれていれば…、
などと、未だに思う時がある。

動物病院もそうだけど、「いざ」と言うときこそ
診てくれる安心感は常に欲しいね。
9時17時で病気できる程、器用じゃないから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。