10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

wasahituji

Author:wasahituji


*ひつじ*
アメリカンコッカースパニエル
2007年1月14日生まれ バフ ♀

*こんぶ*
アメリカンコッカースパニエル
2009年4月11日生まれ ブラック ♀

すず子とお別れしてから1年半。
念願の犬生活に突入したワケですよ…。。。

*初めてお越しの方は こちら
ですず子を見てやって下され…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*さくら*

2008.11.05 16:06|
12年前の冬。
捨て猫だったさくら。
ボランティアに保護され後に我が家へ
やってきた。
息子が産まれて数ヶ月経った時でした。
先住猫百子と息子、そして私達夫婦。
1年後にはさくらは2度出産を経験し、
子供達との暮らし。
本当に楽しかった。

息子にとっては、もの凄く大切な存在だったに
違いない。親から見てもさくらの
息子に与えた影響は計り知れない。

息子は何をするにもさくらを抱っこしていた。
さくらは、無抵抗にされるがままだった。
後にヒツジが来ても彼女は凄かった。
本当に頭の良い猫だった。

彼女との生活を振り返ると感謝の言葉が
ほとんどを占める。
彼女のような猫、もうめぐり合えないだろう。

2年間、月一での病院。
そして1日2回のお薬。
本当に頑張りました。
最後は苦しくて、辛くて…。
どんな思いだったろう。。。
私は正直、最後の最後。
早く、心臓止まって欲しかった。
こんな事を言ったらいけないのかも
しれないが、何故最後にこんなに
苦しまなければならないのか。
1秒でも早くその苦しみから
開放させてあげたかった。
彼女は十分頑張った。
20081105-1.jpg

1年前、さくらの子供の小桜が
病院で亡くなった。
寂しかったろうに。
サクラにはそんな思いは
させたくなかった。
今回はきちんと彼女の側にいる事が
出来た事は本当によかったと思う。

今は小桜も寂しくないね。
親子水入らずでゆっくり休んでね。
天国にはサクラも小桜も本当に
可愛がってくれた私の母もいる。
あの世での心配はない。
20081105-2.jpg

とにかく今は、ゆっくり安らかに。
そして本当にありがとう、さくら。
あなたは本当にカッコいい女でした。
20081105-3.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。